介護・医療の求人メディジョブTOP >  業界ニュース >  介護技能実習 常勤1人でも受け入れ可能 厚労省

介護・医療の業界ニュース 詳細

  • 2017.06.17
    介護技能実習 常勤1人でも受け入れ可能 厚労省

●上乗せ要件の詳細明らかに 監理団体役職員に介護福祉士

 厚生労働省は、外国人技能実習制度に介護分野を追加するにあたり、上乗せする「固有要件」の詳細を固めた。技能実習生を受け入れ、実習を監視する「監理団体」の役職員には必ず現場経験のある介護福祉士などの配置を義務付ける。一方、介護の常勤職員が1人しかいない超小規模な職場でも、最低1人の受け入れは可能となる。実習生の教育担当として、5人に1人は経験5年以上の介護福祉士の配置が求められる。技能実習生の安易な受け入れによるサービスの質の低下が懸念されている中、適正な運用ができるかは介護福祉士のモラルや力量も問われることになりそうだ。(以下略)


2017/06/15配信 シルバー新報


ページTOPへ