メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

作業療法士(OT)

「作業療法士」(Occupational Therapist : OT)とは、理学療法士・言語聴覚士とともにリハビリテーションの現場において活躍する医療 ・福祉界の専門家です。

理学療法士が運動や物理的な機具を用いて患者のリハビリテーションを行うのに対して、作業療法士は、医師の指示のもとに、心身に障がいがある人に対して、自立した生活ができるように、農耕・畜産・園芸・手芸・木工などの「作業」を通じて、能力の回復を図る訓練や指導・援助をおこないます。

子供から高齢者に至るまで生活に障がいをもつ全ての人を対象にする作業療法ですが、大きくわけると4つに領域に分類することができます。

1.発達障がいの作業療法

発達時期に障がいを負った子供たちに対して、社会生活に適応できるように、遊びなどの作業活動を通して、運動機能の発達や、社会適応能力の発達などをサポートします。また障害があっても家庭や学校、社会で活き活きと生活できるようにするための指導や訓練も行います。

2.身体障がいの作業療法

病気やケガなどで障がいを負った方に対して、自立的に生活をしていく上での問題を的確に把握し、作業療法により、機能の回復や維持のための治療を行います。また障がいがあっても残された機能を最大限に活かすことで、生活や職場への復帰を目指す訓練も行います。

3.精神障がいの作業療法

精神疾患により生活に障がいをもった方に対し、自分の気持ちを表現する創作的な作業や、他者との会話や関係性を確認する集団作業などを通して、対人関係能力の改善や、精神機能の向上、作業能力の改善などをはかり、基本的な日常生活や職場への復帰を支援します。

4.老年期障害の作業療法

老年期障害における作業療法では、食事、更衣、排泄、入浴などの日常生活の訓練や、生活に必要な筋力、関節の動き、心肺機能などの低下を予防する訓練、またレクリエーションなどの対人交流の場を広げることで、生きる目的(生きがい)の喪失などを予防する心理面での援助も行います。

作業療法士になるには?

理学療法士になるには、国家試験を合格し、資格を得る必要がありますが、そのためにはまず「作業療法士養成校」に入学し3年または4年間専門知識を学びます。卒業すると理学療法士国家試験受験資格が与えらますので、この理学療法士国家試験に合格すれば理学療法士の免許がもらえます。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ