メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

訪問入浴介護

訪問入浴とは、寝たきりの高齢者や障がいをもつ方で、自分一人、もしくは家族の援助だけで入浴することが困難な場合に、ポータブル浴槽を積んだ車で利用者宅を訪問し、室内に浴槽を設置して入浴サービスの提供を行うことをいいます。

一般的には、介護職員2名と看護師1名の3人一組で訪問し、入浴の際には体温や血圧などを測り健康チェックを行い、入浴介助中も看護師が、利用者の状態をチェックします。

訪問入浴介護にあたってはかかりつけ医の判断とケアマネジャーによるケアプランの作成が必要になります。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ