メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

高齢者専用賃貸住宅

高齢者専用賃貸住宅とは、高齢者を対象とした賃貸住宅で、通称「高専賃(こうせんちん)」といいます。

高齢者専用賃貸住宅は、都道府県に登録する際に、家賃や前払い家賃の保全義務、共同利用の食堂や浴室の有無など決められた情報を公開することが義務づけられています。

ただし、「高齢者専用」ということ以外には特に規定が設けられていないため、物件により、バリアフリーでないもあれば、高齢者向けのケアサービスを備えたものまで様々です。要介護度が重くなった際の対応が不十分と言われてきましたが、最近では外部の介護サービスと連携をとり対応するところも増えてきたようです。

また高齢者専用賃貸住宅には、「適合型高専賃」と呼ばれるものがあります。
適合型高専賃とは、一定以上の居室面積にトイレや浴室など、設備と運営において一定基準をクリアした介護サービス付きの高齢者専用賃貸住宅です。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ