メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

軽費老人ホーム

軽費老人ホームとは、老人福祉法に規定される老人福祉施設であり、低額な料金で入居することができる高齢者施設です。

軽費老人ホームの生活費については本人負担となります。

入居できる方は年齢が60歳以上か、夫婦の場合には、どちらか一方が60歳以上であることとされている。

軽費老人ホームはサービスの内容に応じて、「A型・軽費老人ホーム」「B型・軽費老人ホーム」「ケアハウス」の3つのタイプに分けられています。

A型・軽費老人ホーム

低額な料金で、食事などを提供する、軽費老人ホーム。利用者の資産等が基本利用料の2倍以下で、身寄りがないか、家庭の事情等で家族と同居できない方を対象としています。

B型・軽費老人ホーム

A型とは異なり、食事が用意されません。自炊を原則とした経費老人ホームです。家庭環境、住宅事情等の理由により、居宅において生活することが困難で、かつ自炊できる程度の健康状態の方が対象になります。

ケアハウス

A型の食事提供型に、介護サービスが追加された軽費老人ホーム。介護が必要になった場合、訪問介護等の居宅介護サービスを受けることができます。また、介護保険における「特定施設入居者生活介護」の指定を受け、施設職員によって介護サービスの提供をするものもあります。

バリアフリー構造の為、車椅子使用が可能で、全個室になっており、食事サービスや入浴サービスが提供されます。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ