介護・医療の求人メディジョブTOP > 転職講座 > ケアマネジャー(介護支援専門員)

メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー(介護支援専門員) とは、「介護保険制度」 に基づき、要支援または要介護と認定された人に対して、その心身の状況に応じた適切な介護サービスを受けられるようにするための介護サービス計画(ケアプラン)を作成する専門職のことです。

ケアマネジャー(介護支援専門員)は公的資格であり、介護支援専門員としての登録については、5年毎に所定の研修を受けることで登録を更新する更新制度が導入されることになりました。

ケアマネジャーの仕事は、ケアプランの作成だけではなく、要介護認定を受けるための認定申請代行や訪問調査業務、介護全般に関する相談援助や、関係機関との連絡調整・介護保険の給付管理なども含まれます。

要介護者のために、様々なサービスを考え、要介護者や要支援者、そしてその家族と介護事業者との間をつなぎ、より良いサービスを提供することが重要な役割となります。

ケアマネジャー(介護支援専門員)になるには?


ケアマネジャー(介護支援専門員)になるには、最終的に「介護支援専門員実務研修」を受講する必要がありますが、この「介護支援専門員実務研修」を受講するためには「介護支援専門員実務研修受講試験」という“実務研修を受講するための試験”で合格しなければいけません。この『試験』に合格して初めて「実務研修」を受講する資格を得ることができるということになります。

そして、この「介護支援専門員実務研修受講試験」を受けるためにも受験資格が必要になります。受験資格は、医師や介護福祉士、社会福祉士など、医療・福祉系の資格を取得し5年以上の実務経験があるか、相談・援助業務に従事する者を配置することになっている介護関係施設で、5年以上の相談・援助業務実務経験者である必要があります。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ