メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

介護事務

介護事務とは、「介護報酬請求(ケアクラーク)業務」を中心として、介護サービスに関する様々な事務業務全般を行う介護専門の事務職です。事務所の売上や経費の計算、ヘルパーの方達の勤務管理、ケアマネジャーの業務サポートなどを任されることもあります。

介護事務と医療事務の違い

介護事務の業務は、医療事務と同様に「報酬請求業務」が中心となりますが、介護事務の「報酬請求業務」と医療事務の「報酬請求業務」は異なり、それぞれ専門の知識が必要とされます。医療事務の「報酬請求業務」では、報酬の算定を「点数」として表しますが、 介護事務の「報酬請求業務」では「単位」として表すなど、専門用語や計算方式などにも違いがあり、どちらかの資格を持っていれば、両者の「報酬請求業務」ができるというわけではありません。

また、介護保険制度においては、利用者のサービス負担額があらかじめ決まっているため、 利用者の負担が全額負担にならないよう注意し、時にはケアマネジャーと調節をとりながら業務を行うという点においても医療事務とは異なります。

更に、介護サービスでは、サービス費用の支払いが「後払い」であるため、利用者への請求書・領収書を作成し費用を回収する業務や、様々な利用者の支払い方法に合わせて引き落とし口座の設定をするなどの業務が発生します。

このように、介護事務と医療事務では、制度の違いなどから様々な違いが存在しています。

高齢化によって年々、介護のニーズが高まっていますが、同時に、介護の仕事に就きたいと考える人たちも増えています。介護の仕事に就きたいけれども、時間的・体力的に現場の仕事が難しい、将来ケアマネジャーを目指したいので、介護事務を経験しておきたいなどという方が介護事務を希望されるケースも増えているようです。

介護事務になるには?

介護事務に関連した民間の試験は数多く存在しますが、実は介護事務になるためには、医療事務同様、必要な国家資格はありません。

ただし、履歴書送付の際には、民間実施の検定試験や認定試験などをクリアしていると有利になることが多いと言えるでしょう。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ