メディジョブ 介護・医療・福祉のお仕事 転職講座

医療事務

医療事務とは、「レセプト(診療報酬請求)業務」を中心として、病院などの医療機関で行う医療専門の事務職です。医療事務の業務は大きく5つの業務分野に分けることができます。

1.「受付業務」

保険証の確認、診察券の発行、患者さんの呼び出し、診察室への案内など医療機関の受付にて行う業務全般。

2.「会計業務」

診療後に、保険割合にしたがって患者負担金を徴収するのが、会計業務です。

3.「オペレーター業務」

医師が診断時に記入する手書きのカルテや、患者の連絡先や保険証の種類など、医療業務に携わるコンピュータ入力業務をオペーレーター業務といいます。

4.「病棟クラーク業務」

病棟内のナースステーションに常駐し、医師や看護師など病棟スタッフのスケジュール作成や管理、 また入院患者さんの応対や事務処理などを行う業務を病棟クラーク業務といいます。

5.「レセプト(診療報酬請求)業務」

厚生労働省が定める診療報酬を基に、患者が支払うべき医療費の計算や、健康保険の請求額などを計算しレセプト(診療報酬明細書)を 作成・点検します。

小さな診療所などでは一人で全ての業務をこなすこともありますし、大きな大学病院などでは分業制となっていますが、医療事務の仕事では、「レセプト(診療報酬請求)業務」が中心となることが多く、この知識を身につけることが必要最低限の基準といえるでしょう。

医療事務になるには?

医療事務に関連した民間の試験は数多く存在しますが、実は医療事務になるためには、介護事務同様、必要な国家資格はありません。

履歴書送付の際には、民間実施の検定試験や認定試験などをクリアしていると有利になることが多いと言えるでしょう。

介護のお仕事

クラシスのメディジョブが、あなたの転職を完全サポートします!あなたにピッタリの求人紹介から転職成功まで、すべて無料でサポート!
転職サポート申し込み

ページTOPへ